サラリーマンがすきま時間にメルカリでトラブルゼロの梱包・発送のゴールデンルール up-up-life

メルカリ

こんにちはkotaです

本日はメルカリをこれから始めようという方の悩みの多い「発送方法」と梱包資材のコツをお伝えします

発送方法は最寄りのコンビニが一般的

上記がメルカリ専用の発送方法ですが大きく分けると「ヤマト運輸」と「日本郵便」が届けてくれるものの2つがあります

価格の差は対してありませんのでどちらを選んでも良いと思いますが

ヤマト運輸でしたら集荷場所がヤマト運輸の集荷場、セブンイレブン、ファミリーマート

日本郵便でしたら郵便局、ローソンが販売者が商品を発送する窓口になりますのでご自宅の近くにどの発送窓口があるかで選択すれば良いと思います

発送方法は「メルカリ便」が最適最強なわけ

上に挙げたメルカリ独自の「メルカリ便」の他にも安価なレターパックなどもありますがたとえ数十円割高だとしても「メルカリ便」には数十円以上の価値があるんです

匿名配送 

普通商品を発送する際には自分の住所や名前、電話番号を発送物に記載しますが「メルカリ便」を使用すれば匿名配送が可能なので自分の個人情報を他人に知られること無く安心

発送した物の「追跡」が可能

発送窓口で発送した品物が現在どこにあるのかが分かります これは購入した方も同様に追跡できますので「メルカリ便」で発送を販売者が選択しているから「この方から購入しよう」という購入にも繋がりやすいメリットがあります 

私の体感ですが、コンビニで発送してから早くて3日後、遅くて5日位で先方に届きますが、発送中に商品がいまどこにあるのかが分かるのは非常に安心感がありますよね

保証が付いている

わたしはまだお世話になっていませんが配送中の紛失や破損等に対して「メルカリ便」を選択していると「保証」が受けられます これも販売する側には安心ですね

梱包材は無料の箱かA4封筒がおすすめ

書籍や小物を送る場合は厚みが3cm以内であればA4封筒(100枚束で購入すれば1枚3〜5円程のコスト)か、コンビニや100均で購入できる薄型のダンボール(約110円なのでコスト高)、3センチ以上であればスーパーなどで無料でもらえる(商品を購入した入れ物として頂いてくるのがマナー)ダンボールを活用すればお安く梱包できます

梱包のコツ

ナイロンやビニールの袋に入れる

まれに発送中に品物が濡れてしまうことがあってもビニール袋に入れておけば安心です そしてメルカリの世界では品物を袋に入れた上で梱包するのが当たり前と覚えていてください

わたしも最初は「普通濡れないでしょ」と思っていましたが、他の方の取引後の評価を見ていると「届いた本がビニールに入っていなかった」ということだけで実際に汚損があったわけでもないのに評価を「悪い」にされてしまっている方をたくさん見ました 特に始めたばかりの方はご注意ください

プチプチもつけたら安心安全

ビニール袋に入れたらさらにプチプチで包むと配送中に少々ぶつけられたりしても品物に傷が付きづらくなりますのでおすすめです 

よくメルカリで本を購入するのですがだいたい7〜8割の方がビニール袋に入れて、封筒で送ってこられますが薄いビニル袋と紙の封筒では輸送中の角あて等による傷が心配ですし、発送前まできれいな品物が発送中に傷がついて、先方から良くない評価をいただくのもつまらないことですのでひと手間ですが私はプチプチで包んでいます(プチプチは商品などに付いているものやネット通販で購入して包まれていたものを再利用しています)

なにより他の方より大切に梱包してくれたということで先方にも感謝されることも多いのでおすすめです

まとめ

今回はメルカリで品物が売れた際のおすすめな梱包方法と発送方法をお伝えしましたがいかがでしたでしょうか? 

これを機にメルカリを始めてみようかなと思われた方はよろしければ現在メルカリでキャンペーンそ実施中ですのでよろしければ招待コードをお使いください

本日もありがとうございました

kota

こんにちは!
フルタイム労働の会社員のkotaです。2021年6月にいまの仕事とは無縁の資格「登録販売者」を取得するのため9月の試験に向けてに3ヶ月間で仕事をしながら勉強しました。勉強時間もなかなかとれないなかで、勉強のコツや工夫したことなどを中心にお伝えしています。
たまに雑多なブログもアップしますので、どうぞよろしくお願いいたします☆

kotaをフォローする
メルカリ
kotaをフォローする
上々生活 up-up-life

コメント

タイトルとURLをコピーしました