親が寝たきり痴呆になって後悔しないために必ず鍛える部位とは up-up-life

Uncategorized

こんにちはkotaです

本日は筋肉のお話です

最大に筋肉は「大腿四頭筋(だいたいしとうきん)」

世の中の筋肉情報弱者は「腕の筋肉」とか「胸の筋肉」とか「背筋」とかおっしゃるかもしれませんが答えは「大腿四頭筋」です

ざっくりいうと「ふともも」です そもそも下半身の筋肉は体全体の70%あるそうです つまりどんなに頑張ってバーベル上げようがエキスパンダーをニギニギしようが体全体に影響力を与えるのは「足の筋肉」です

逆三もいいけどQOL(人生の質)に影響を与えるのはやっぱり足の筋肉

逆三は確かに見た目を大きく変えますが(ある意味ではこちらの方が短期的にはLifeを変えるかも)中長期的にはやっぱり「足の筋肉」です

投資で例えると胸の筋肉は米国グロースETFとかAmazon、TESLA、Microsoftなどなど俺すげーだろ!価値バク上がりみたいな印象でしょうか

一方足筋は安定のバリューETF例えばコカ・コーラ、P&G、花王のように末永くあなたに少しづつでも安定した利益を与え続けますという例えで分かりますでしょうか? 多分一定の方はナルホドと納得され、分からない方はまったく何コイツ言ってんだという声が聞こえそうです

歳を重ねて頼りになるのはやっぱり「足」

よくご高齢の方が転んで足の骨を折って歩けなくなって、そこから寝たきり、引きこもり、認知症のサイクルはよく聞くお話ですよね でも足の筋肉を鍛えていれば転んだくらいで骨なんか折れませんし年配になっても歩くことが苦にならないので健康寿命が遥かに伸びるのではないでしょうか

ホントに?と思う方はスクワットと腕立てをやってみればいい

スクワットと腕立て伏せのどちらが疲れますか?大体の方がスクワットのほうが

疲れるしやりたくないはずです

それは足の筋肉のほうが胸や腕の筋肉より大きいので体に与える疲労感が大きいからです

足の筋肉を鍛える筋トレは辛いけど、その先に手に入るものは大きい

そもそも筋肉が大きい人は免疫力が大きいと言われます それは筋肉から様々な体にとって良い物質が分泌されるからだそうです

つまり体で一番大きな筋肉を鍛えはということは最速で免疫力を上げられるということです

まとめ

誰しも自分の体のコンプレックスを克服したり見た目を変えようと筋トレに励みますが、足の筋肉を併せて鍛えることで年をとっても衰えにくい体を手に入れることができます

これは自分の親にもよく伝えているんですか「足の筋肉」を鍛えれば老後に起こる確率の高い様々な疾患に羅漢する可能性を下げることができます

ご自身もそうですがご両親の「筋肉」の心配もして挙げてください

それはきっとお互いの幸せを育むことになると思います

本日もご覧いただきましてありがとございました あしたも元気に生きましょう

kota

こんにちは!
フルタイム労働の会社員のkotaです。2021年6月にいまの仕事とは無縁の資格「登録販売者」を取得するのため9月の試験に向けてに3ヶ月間で仕事をしながら勉強しました。勉強時間もなかなかとれないなかで、勉強のコツや工夫したことなどを中心にお伝えしています。
たまに雑多なブログもアップしますので、どうぞよろしくお願いいたします☆

kotaをフォローする
Uncategorized
kotaをフォローする
上々生活 up-up-life

コメント

タイトルとURLをコピーしました