資産を増やす人がマネーフォワード MEをつかう7つの理由

ユル投資

家計簿アプリの「マネーフォワードME」は家計簿の機能も優れていますが、資産管理のアプリとして使っている人も多いんです。だれでも手間なくほったらかしで家計簿ができて、資産の管理にも最適な理由をまとめました。家計簿アプリが気にはなっているけど…という方にオススメな使い方をお伝えします。

マネーフォワードMEとは

◎カードや銀行口座からの履歴を自動で記帳

◎支出も自動でカテゴリ分けしてくれる

◎預金や株式など資産もまとめて閲覧できる

◎クレジットや銀行口座から科目を自動で選んで記帳してくれる

使い方もかんたんで自動で記帳

家計簿アプリのイメージは毎日買い物をしたらスマホにポチポチ自分で入力したり、レシートを写真に撮って…

いいえ、もうレシートさえ撮る必要がなかったんです!

各口座やカード会社とアプリを連携しておけば勝手にやってくれるんです。

まねき
まねき

家計簿アプリは想像以上に

  進んどった~

マネーフォワードMEでまるっと家計が分かる

まねき
まねき

↑給与の振込口座が連携できてないから大赤字家計やん(笑)

マネーフォワードMEはクレジットカードや銀行口座、証券口座に連携すれば、このアプリ一つで収入、支出、資産管理ができるスグレモノのアプリです。

連携もかんたん

クレジットカードや銀行口座、証券口座のネットIDとパスワードを入力するだけで自動でデータを取得してくれます。

どんな人に向いているのか

レシートを読み取る機能も付いていますが、買い物の度にレシートを撮るのも面倒です。

まねき
まねき

もちろんレシート記録の

機能もあるで〜📸

買い物は基本的にクレジットカード・電子マネー・プリペイドカードを使っている方に特にオススメ。

口座連携さえしておけば自動で家計簿に入力されるので、あとはほったらかしで家計簿ができるので楽チンです。

日々の買い物はクレカや電子マネーで、水道光熱費などの支払いは銀行口座引き落としがメインなら9割くらいは自動で家計簿が作成されていきます。

普段の生活で現金での買い物が少なければ少ないほどほったらかしで家計簿が完成します。

まねき
まねき

まさに「ほったらかし家計簿」やわ♡

出費は自動でカテゴリ分け

クレジットで購入した買い物や口座から引き落とされた支払いはアプリが自動的にカテゴリ分けしてくれます。

100%正確ではないので、カテゴリが違っているときは手動で補正もできます。

資産管理に向いているアプリ

私が利用する目的は家計簿よりも、資産管理アプリとして重宝しています。

名義の違う口座もいっかつ管理

複数の口座を連携できて、名義が違っても可能なので夫婦それぞれの口座も合わせて登録できます。

一家の預貯金をまるっと一元管理できまるので、1つずつ各口座にログインして確認する手間が省けます。

もちろん証券口座もそれぞれの合計と日々の価額の増減も合わせて見ることができます。

まねき
まねき

いちいち各口座サイトに

アクセスしなくとも

一覧で見れるってステキ✨

資産管理アプリとしても優秀

このアプリの優れているところは支出や収入の管理いじょうに、資産管理の機能がとっても便利です。

銀行口座と同様に証券口座も一元管理できるので預貯金+株式等の資産も合わせてチェックできます。

ここがこうならもっといい

銀行口座の連携で注意すること

私も給与や支払いのメインバンクが地方銀行のはるか昔に作った口座で、通帳とキャッシュカードでしか入出金できない口座です。

マネーフォワードMEと連携させるには銀行口座がネットバンキング登録ていないと連携できません

まねき
まねき

現在ネットバンキング

申請中〜(汗)

ペイペイは連携できない

マネーフォワードMEは電子マネーにも対応しています。

しかし日本で1番使われているスマホ決済のPayPayは非対応で連携させることができません。

その他にも決済会社によって連携できるものできないものがあります。

まねき
まねき

auPayやD払い、LINE Payや

楽天Edy、WAONにnanacoとかは連携できるで〜♪

メインに決済に電子マネーを使っている方にはここが改善されるともっと使い勝手がよくなりますね。

クレジットIDや口座情報を入力して安全?

これが1番心配だったのですが、クレジットカードや証券口座のIDやパスワードを入力しているのでもしも…と心配に感じます。

ネットで検索しても「漏洩」などの情報は出てきませんでした。

連携にIDとパスワードを入力するだけで、決済コードは求められませんので、連携できるものはすべて登録しました。

まねき
まねき

「マネーフォワード」は

東証第一部上場企業✨

マネーフォワードの「問い合わせ」より抜粋

月額500円の有料のプレミアムは何が違う?

マネーフォワードより

無料版で連携できるのは10口座

無料版で各銀行やクレジット会社、電子マネーなどを連携できるのは合わせて10口座までです。

私の連携した口座
  1. 給与&引き落としの銀行口座
  2. 自分の証券口座
  3. 証券口座に紐付いた銀行口座
  4. 自分の確定拠出年金口座
  5. リクルートクレジットカード
  6. 楽天クレジットカード
  7. 妻のメインバンク
  8. 妻の証券口座
  9. 証券口座に紐付いた銀行口座

Amazonや楽天市場などECサイトも登録できますが、クレジット払いで買い物する方はクレジットに計上されるので10口座しかない限られた枠を潰すのはもったいないですね。

私は他にも定期預金が他行に数件にありますが、株式と違って日々の値動きがないので定期預金のトータルを把握しておけば問題ありません。

プレミアムは連携口座の制限なし

私の家庭の場合はクレカも数枚しかなく、電子マネーも月に大して使用しないので10口座に収まっています。

10以上に連携したい方は、有料のプレミアムなら連携口座に制限なく連携できます。

過去にさかのぼって家計を確認

無料だと、最大で1年分の支出しか振り返れませんが、プレミアムだとマネーフォワードを始めたときからのデータが閲覧できます。

資産推移のグラフ表示

無料だとグラフは表示されない

これが私がプレミアムにしようか1番迷っている機能です。

日々の総資産の推移がグラフで可視化されると人はもっともっと右肩上がりに!と意識が働きます。

わたしは家計簿機能よりも資産管理の機能が目当てでこのアプリを使っています。

資産額アップへのモチベーションを上げるためなら月500円も人によってはそれ以上の効果がありそうです。

まねき
まねき

迷ってまうな〜

対極の【楽な家計簿】

いっぽうでやっぱり口座の連携は嫌だという人には「楽な家計簿アプリ」が人気あります。

これはマネーフォワードMEとは真逆の使用方法で、日々の支出管理をコツコツ自分で入力する、ある意味王道の家計簿アプリです。

いま実際に紙ベースで家計簿をつけている方にオススメで、日々の支出に写真を残せる機能もあるので日記のように日々の支出を記せます。

まねき
まねき

ワテはムリや〜

マネーフォワードME✕ふるさとチョイス

2021年12月よりふるさとチョイスとの連携が可能になりました。

もともとふるさとチョイスを使っている方はマネーフォワードから商品選択すると自動的にふるさとチョイスのマイページに飛べます。

12月中にふるさとチョイスと連携して、なおかつ寄付をすると抽選でAmazonギフト2000円が当たるキャンペーンをやっています。

ただ200名様限定なのでちょっと微妙かな^^;

しかし、それをはるかにしのぐメリットがありました。

それは本家のふるさとチョイスより商品のランキング画面が見やすいんです

マネーフォワードMEからのふるさと納税画面

そして本家のふるさとチョイスのサイトはけっこう重くて返礼品を選んでいるときにイライラすることがあります。

でも、マネーフォワードからふるさとチョイスの返礼品を選ぶ際にはとても軽快なんです

つまり、ふるさとチョイスのサイトよりストレスなく返礼品を選ぶことができて、なおかつとても見やすいんです。

いまもしふるさとチョイスを使っていて、私と同じストレスを持っている方はマネーフォワードから返礼品を選ぶのがオススメです(=^・^=)

さいごに

我が家はもともと家計簿はつけていませんでした。

基本的には先取り貯蓄なので、残ったお金で生活する習慣だったので必要としませんでした。

そこそこ倹約な家庭なので、この上さらに水道光熱費や食費、遊興費、にメスをいれる必要も感じません。

預貯金やリスク資産の推移を数ヶ月に1度くらい各口座を確認してノートに記していました。

証券口座と銀行口座がそれぞれ2つずつと定期預金と年金口座など、まとめようとするとなかなかの手間です。

そんなときにマネーフォワードMEを知り、利用してみたらいつでも総資産がひと目で分かるようになりました

まねき
まねき

これを機会にクレカや銀行口座のダイエットをしてな〜

この便利さを私のように家計簿よりも資産管理に主眼をおいている人にはぜひ使ってみてほしいとまとめてみました。

もちろん家計簿の機能も優れているのでオススメです。

また新しいことや、機能があったらこちらに更新していきます(=^・^=)

ではまた~

kota

こんにちは!
フルタイム労働の会社員のkotaです。2021年6月にいまの仕事とは無縁の資格「登録販売者」を取得するのため9月の試験に向けてに3ヶ月間で仕事をしながら勉強しました。勉強時間もなかなかとれないなかで、勉強のコツや工夫したことなどを中心にお伝えしています。
たまに雑多なブログもアップしますので、どうぞよろしくお願いいたします☆

kotaをフォローする
ユル投資
kotaをフォローする
上々生活 up-up-life

コメント

タイトルとURLをコピーしました