2021登録販売者試験【胃・腸過去問】漢方生薬問題全エリアまとめ

資格と登録販売者

カテゴリごとに過去問がまとまっていれば便利なのにというニーズにお応えして、胃腸の不調の症状に使う漢方薬と生薬に関係する全エリアの最新の過去問をまとめました。

2021年登録販売者の試験問題

2021年 関東ブロックより引用

問74
胃又は腸の不調を改善する目的で用いられる漢方処方製剤に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
a 六君子湯は、体力中等度以下で、胃腸が弱く、食欲がなく、みぞおちがつかえて疲れやすく、貧血性で手足が冷えやすいものの胃炎、胃腸虚弱、胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛、嘔吐に適すとされる。
b 人参湯(理中丸)は、体力中等度以上で、胃がもたれて消化が悪く、ときに吐きけ、食後に腹が鳴って下痢の傾向のある人における食べすぎによる胃のもたれ、急・慢性胃炎、消化不良、
食欲不振に適すとされる。
c 桂枝加芍薬湯は、体力中等度以下で腹部膨満感のある人のしぶり腹、腹痛、下痢、便秘に適すとされる。
d 大黄甘草湯は、体力に関わらず広く応用され、便秘、便秘に伴う頭重、のぼせ、湿疹・皮膚炎、ふきでもの(にきび)、食欲不振(食欲減退)、腹部膨満、腸内異常発酵、痔などの症状の緩和に適すとされる。
 a b c d
1 正 正 誤 誤
2 正 誤 正 正
3 正 正 正 正
4 誤 誤 正 誤
5 誤 正 誤 正

回答 ②

問75
腸の薬及びその配合成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
a センノシドは、小腸でリパーゼの働きによって生じる分解物が、小腸を刺激することで瀉下作用をもたらすと考えられている。
b 次没食子酸ビスマスは、腸粘膜のタンパク質と結合して不溶性の膜を形成し、腸粘膜をひきしめる(収斂)ことにより、腸粘膜を保護することを目的として用いられる。
c ロペラミド塩酸塩は、食あたりや水あたりによる下痢の症状に用いられることを目的として配合される。
d 日本薬局方収載のケツメイシ、ゲンノショウコは、煎薬として整腸(便通を整える。)、腹部膨満感等に用いられる。
1(a、b) 2(a、c) 3(b、c) 4(b、d) 5(c、d)

回答 ④

2021年関東甲信越より引用

問85

次の記述にあてはまる漢方処方製剤として、最も適切なものはどれか。

体力中等度以下で、ときに便が硬く塊状なものの便秘、便秘に伴う頭重、のぼせ、湿疹・皮膚炎、ふきでもの(にきび)、食欲不振(食欲減退)、腹部膨満、腸内異常醗酵、痔の緩和に適すとされるが、胃腸が弱く下痢しやすい人では、激しい腹痛を伴う下痢等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。また、本剤を使用している間は他の瀉下薬の使用を避ける必要がある。


1 苓桂朮甘湯
2 六君子湯
3 桔梗湯
4 麻子仁丸

回答 ④

2021年 関西広域連合より引用

問 36 次の記述にあてはまる漢方処方製剤として、最も適切なものはどれか。

体力中等度以下で、胃腸が弱く、食欲がなく、みぞおちがつかえて疲れやすく、貧血症で手足が冷えやすいも
のの胃炎、胃腸虚弱、胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛、嘔吐に適すとされる。まれに重篤な副作用として
肝機能障害を生じることが知られている。
1 安中散
2 麻子仁丸
3 人参湯
4 六君子湯
5 大黄甘草湯

回答 ④

2021年中国四国ブロックより引用

問16

以下の記述にあてはまる漢方処方製剤はどれか。
体力中等度以下で腹部筋肉が弛緩する傾向にあり、 胃痛又は腹痛があって、 ときに胸やけや、 げっぷ、 食欲不振、 吐きけなどを伴うものの神経性胃炎、 慢性胃炎、 胃腸虚弱に適するとされる。
1 八味地黄丸
2 芍薬甘草湯
3 安中散
4 釣藤散

回答③

2020年登録販売者の試験問題

甲信越エリア

【問84】 瀉下薬に含まれている成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。


a センナは、マメ科のチンネベリセンナ又はアレキサンドリアセンナの小葉を基原とする生薬である。
b ダイオウは、腸内容物の浸透圧を高めることで糞便中の水分量を増す。
c カサントラノールは、吸収された成分の一部が乳汁中に移行することが知られている。
d カルメロースナトリウムは、分解して生じるガスによって便通を促す。
 a b c d
1 誤 誤 正 正
2 誤 正 誤 正
3 正 正 正 誤
4 正 誤 正 誤
5 正 誤 誤 正

回答④

関東エリア

【問82】 健胃を目的とした生薬成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
a オウバクは、ミカン科のキハダ又はフェロデンドロン・キネンセの周皮を除いた樹皮を基原とする生薬で、苦味による健胃作用を期待して用いられる。
b センブリは、リンドウ科のセンブリの開花期の全草を基原とする生薬で、苦味による健胃作用を期待して用いられる。
c ゲンチアナは、クマ科のヒグマその他近縁動物の胆汁を乾燥したものを基原とする生薬で、苦味による健胃作用を期待して用いられるほか、消化補助成分として配合される場合もある。
d ソウジュツは、ミカン科のウンシュウミカンの成熟した果皮を基原とする生薬で、香りによる健胃作用を期待して用いられる。


a b c d
1 正 誤 誤 正
2 正 正 正 正
3 正 正 誤 誤
4 誤 誤 正 正
5 誤 正 誤 誤

回答③

関東エリア

【問83】 ヒマシ油に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
a ヒマシ(トウダイグサ科のトウゴマの種子)を圧搾して得られた油を用いた生薬である。
b 小腸でリパーゼの働きによって生じる分解物が、小腸を刺激することで瀉下作用をもたらすと考えられている。
c 母乳を与える女性では、吸収された成分の一部が乳汁中に移行して、乳児に下痢を引き起こすおそれがある。
d 瀉下作用は弱いため、妊婦または妊娠していると思われる女性に使用される。


 a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 誤 誤 正
3 正 誤 正 正
4 誤 正 誤 正
5 誤 正 正 誤

回答①

関東エリア

【問84】 胃腸鎮痛鎮痙
けい
薬に含まれている成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。


a ブチルスコポラミン臭化物は、交感神経の伝達物質であるアドレナリンと受容体の反応を妨げることで鎮痛鎮痙作用を示す。
b ロートエキスにより母乳が出にくくなることがある。
c パパべリン塩酸塩は、消化管の平滑筋に直接働いて胃腸の痙攣を鎮める作用を示すほか、
胃液分泌を抑える作用により胃酸過多や胸やけに対する効果も期待できる。
d 鎮痛鎮痙作用を期待して、エンゴサク(ケシ科のエンゴサクの塊茎)が配合されている場合がある。


 a b c d
1 正 誤 正 正
2 正 誤 誤 誤
3 正 正 正 誤
4 誤 正 正 正
5 誤 正 誤 正

回答⑤

関東エリア

【問87】 次の漢方処方製剤のうち、胃の不調を改善する目的で用いられるものの正しい組合せ
はどれか。
1 猪苓湯、 竜胆瀉肝湯
2 安中散、人参湯、六君子湯、

3牛車腎気丸、八味地黄丸、六味丸
4 疎経活血湯、 釣藤散

回答②

首都圏ブロック

問72

胃の薬及びその配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a センブリは、苦味による健胃作用を期待して用いられるほか、日本薬局方収載のセンブリ末は瀉下薬として用いられる。

b ユウタンは、クマ科のヒグマその他近縁動物の舌を乾燥したものを基原とする生薬で、香りによる健胃作用を期待して用いられる。

c 人参湯は、体力虚弱で、疲れやすくて手足などが冷えやすいものの胃腸虚弱、下痢、嘔吐、胃痛、腹痛、急・慢性胃炎に適すとされる。

d 平胃散は、体力中等度以下で腹部筋肉が弛し緩する傾向にあり、胃痛又は腹痛があって、ときに胸やけや、げっぷ、食欲不振、吐きけなどを伴うものの神経性胃炎、慢性胃炎、胃腸虚弱に適すとされる。

 a b c d

1 正 誤 正 正

2 誤 誤 正 誤

3 正 正 誤 誤

4 正 正 正 正

5 誤 誤 誤 正

回答②

kota

こんにちは!
フルタイム労働の会社員のkotaです。2021年6月にいまの仕事とは無縁の資格「登録販売者」を取得するのため9月の試験に向けてに3ヶ月間で仕事をしながら勉強しました。勉強時間もなかなかとれないなかで、勉強のコツや工夫したことなどを中心にお伝えしています。
たまに雑多なブログもアップしますので、どうぞよろしくお願いいたします☆

kotaをフォローする
資格と登録販売者
kotaをフォローする
上々生活 up-up-life

コメント

タイトルとURLをコピーしました