登録販売者/2021年漢方生薬の試験問題【婦人科・更年期】全エリアまとめ

資格と登録販売者

カテゴリごとに過去問がまとまっていれば便利なのにというニーズにお応えして婦人薬にかかわる漢方薬と生薬に関係する全エリアの最新の過去問をまとめました。

2021年登録販売者の試験問題

2021年 東北・北海道より引用

問 43

婦人薬の代表的な配合成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 鎮痛・鎮痙の作用を期待して、シャクヤク、ボタンピが配合されている場合がある。
b エチニルエストラジオールは、長期連用することにより、血栓症を生じるおそれがある。
c 鎮静、鎮痛のほか、女性の滞っている月経を促す作用を期待して、サフランが配合されている場合がある。
d センキュウは、血行を改善し、血色不良や冷えの症状を緩和するほか、強社、鎮静、鎮痛等の作用を期待して用いられる。
 a b c d
1 正 誤 正 誤
2 誤 正 誤 誤
3 正 正 正 正
4 誤 誤 誤 正
5 誤 正 正 誤

回答 ③

2021年東北 北海道より引用

問 44

婦人薬として使用される漢方処方製剤に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 桃核承気湯は体力虚弱で、冷え症で皮膚が乾燥、色つやの悪い体質で胃腸障害のないものの月経不順、月経異常、更年期障害、血の道症、冷え症、しもやけ、しみ、貧血、産後あるいは流産後の疲労回復に適すとされる。
b 桂枝茯苓丸は、体力中等度以下でのぼせ感があり、肩がこり、疲れやすく、精神不安やいらだちなどの精神神経症状、ときに便秘の傾向のあるものの冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症、不眠症に適すとされる。
c 五積散は、体力中等度又はやや虚弱で冷えがあるものの胃腸炎、腰痛、神経痛、関節痛、月経痛、頭痛、更年期障害、感冒に適すとされる。
d 柴胡桂枝乾姜湯は、体力中等度以下で、冷え症、貧血気味、神経過敏で、動悸、息切れ、ときに寝汗、頭部の発汗、口の渇きがあるものの更年期障害、血の道症、不眠症、神経症、動悸、息切れ、かぜの後期の症状、気管支炎に適すとされる。
 a b c d
1 正 誤 正 誤
2 誤 誤 正 正
3 正 正 誤 正
4 正 誤 誤 正
5 誤 正 正 誤

回答 ②

2021年 関東ブロックより引用

問83
婦人薬及びその配合成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。


a エストラジオールを含有する婦人薬は、一般用医薬品では内服薬のみが認められている。

b エチニルエストラジオールは、長期連用することにより、血栓症を生じるおそれがある。

c 桂枝茯苓丸は、体力虚弱なものの月経不順や更年期障害に伴う諸症状の緩和に用いられる
漢方処方製剤であり、特に重篤な副作用は知られていない。

d 桃核承気湯は、体力中等度以上で、のぼせて便秘がちなものの月経不順、月経困難症、月経
痛、月経時や産後の精神不安、腰痛、便秘、高血圧の随伴症状(頭痛、めまい、肩こり)、痔疾、打撲症に適すとされ、構成生薬としてカンゾウを含む。


1(a、b) 2(a、d) 3(b、c) 4(b、d) 5(c、d)

回答 ④

2021年関東ブロックより引用

問84
次の記述にあてはまる漢方処方製剤として、最も適切なものはどれか。


体力中等度又はやや虚弱で冷えがあるものの胃腸炎、腰痛、神経痛、関節痛、月経痛、頭痛、更年期障害、感冒に適すとされるが、体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)、胃腸の弱い人、発汗傾向の著しい人では、不向きとされる。構成生薬としてマオウを含む。


1 加味逍遙散
2 柴胡桂枝乾姜湯
3 四物湯
4 五積散
5 当帰芍薬散

回答 ④

2021年北陸東海より引用

問 36

第1欄の記述は、生薬成分に関するものである。該当する生薬成分は第2欄のどれか。


第1欄
キク科のベニバナの管状花をそのまま又は黄色色素の大部分を除いたもので、ときに圧縮して板状としたもの
を基原とする生薬であり、末梢の血行を促して鬱血を除く作用があるとされる。
日本薬局方収載のこの生薬成分を煎じて服用する製品は、冷え症及び血色不良に用いられる。
第2欄
1 ウイキョウ
2 オウヒ
3 オウレン
4 コウカ
5 セキサン

回答 ④

2021年 北陸東海より引用

問 43

婦人薬の適用対象となる体質・症状及び婦人薬の配合成分に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a 更年期(閉経周辺期)においては、月経周期が不規則になるほか、不定愁訴として血の道症(臓器・組織
の形態的異常がなく、抑鬱や寝つきが悪くなる、神経質、集中力の低下等の神経症状が現れる病態)の症状が
起こることがある。
b 女性ホルモン成分の長期連用により血栓症を生じるおそれがあり、また、乳癌や脳卒中などの発生確率が
高まる可能性がある。
c 女性ホルモン成分は、妊婦又は妊娠していると思われる女性に対して安心して使用できる。
d 鎮静、鎮痛のほか、女性の滞っている月経を促す作用を期待して、カヤツリグサ科のハマスゲの根茎を基
原とする生薬であるトウキが配合される場合がある。


1(a、b) 2(b、c)

3(c、d) 4(a、d)

回答 ①

2021年関東甲信越より引用

問76

50 歳女性、婦人病の症状に良い漢方処方製剤はないかドラッグストアに相談に来られた。状態や症状を確認したところ、体力は中等度以下でのぼせ感があり、肩がこり、疲れやすく、精神不安やいらだちなどの精神神経症状、ときに便秘の傾向のあるものの冷え性、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、不眠症があることがわかった。次の漢方処方製剤のうち、最も推奨すべきものはどれか。


1 桃核承気湯
2 加味逍遙散
3 温清飲
4 五積散

回答 ②

2021年 関西広域連合より引用

問 43

月経不順、月経困難や月経困難症に適すとされる漢方処方製剤の正誤について、正しい組み合わせは
どれか。


a 桃核承気湯
b 桂枝加芍薬湯
c 加味逍遙散
d 当帰飲子

 a b c d
1 正 正 誤 誤
2 正 誤 正 誤
3 正 誤 誤 正
4 誤 誤 正 正
5 誤 誤 正 誤

回答 ②

2021年中国四国ブロックより引用

問28

婦人薬に配合される生薬成分と女性に現れる特有な諸症状に関する記述のうち、誤っているものはどれか。


1 月経痛について、 年月の経過に伴って次第に増悪していく ような場合や、 大量の出血を伴う場合は、 子宮内膜症などの病気の可能性がある。

2 更年期障害の不定愁訴とされる症状の背景に、 原因となる病気が存在していることがある。
3 抗炎症作用を期待して、 カンゾウが配合されている場合がある。

4 鎮静作用を期待して、 オウレン、 ソウジュツ、 ビャクジュツ、 ダイオウが配合されている場合がある。

回答 ④

2021年九州沖縄ブロックより引用

問82
婦人薬として使用される加味逍遙散
に関する以下の記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。


( ア )でのぼせ感があり、肩がこり、疲れやすく、精神不安やいらだちなどの精神神経症状、ときに便秘の傾向のあるものの冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症、不眠症に適すとされるが、胃腸の弱い人では悪心(吐きけ)、嘔吐、胃部不快感、下痢等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。構成生薬として( イ )を含む。


   ア      イ
1 体力中等度以下 カンゾウ
2 体力中等度以下 マオウ
3 体力中等度以下 ダイオウ
4 体力中等度以上 カンゾウ
5 体力中等度以上 ダイオウ

回答①

2021年九州沖縄ブロックより引用

問83
婦人薬に配合される成分に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア 鎮痛・ 鎮痙の作用を期待して、サンソウニンが配合されている場合がある。
イ  胃腸症状に対する効果を期待して、オウレン、ソウジュツが配合されている場合がある。

ウ  抗炎症作用を期待して、センキュウが配合されている場合がある。
エ  血行を促進する作用を目的として、ビタミンEが配合されている場合がある。
1(ア、イ) 2(ア、ウ)

3(イ、エ) 4(ウ、エ)

回答③

2020年登録販売者の試験問題

関東エリア

【問76】 婦人薬及びその成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。


a 婦人薬は、月経及び月経周期に伴って起こる症状を中心として、女性に現れる特有な諸症状の緩和と、保健を主たる目的とする医薬品である。
b 鎮痛・鎮痙作用を期待してシャクヤクが配合されている場合がある。
c 利尿作用を期待してオウレンが配合されている場合がある。
d 女性ホルモン成分の長期連用により乳癌や脳卒中などの発生確率が高まる可能性がある。
 a b c d
1 正 誤 正 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 正
4 誤 正 誤 正
5 誤 正 正 誤

回答②

首都圏ブロック

問82

婦人薬とその配合成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a エチニルエストラジオールは、人工的に合成された女性ホルモンの一種であり、妊娠中の女性ホルモンの補充のために用いられる。

b 五積散は、体力中等度以上で、のぼせて便秘しがちなものの月経不順、月経困難症、月経痛、月経時や産後の精神不安、腰痛、便秘、高血圧の随伴症状(頭痛、めまい、肩こり)、痔じ疾、打撲症に適すとされる。

c 胃腸症状に対する効果を期待して、ソウジュツが配合されている場合がある。

d 鎮静作用を期待して、カノコソウが配合されている場合がある。

1(a、b) 2(a、c) 3(b、c) 4(b、d) 5(c、d)

回答⑤

kota

こんにちは!
フルタイム労働の会社員のkotaです。2021年6月にいまの仕事とは無縁の資格「登録販売者」を取得するのため9月の試験に向けてに3ヶ月間で仕事をしながら勉強しました。勉強時間もなかなかとれないなかで、勉強のコツや工夫したことなどを中心にお伝えしています。
たまに雑多なブログもアップしますので、どうぞよろしくお願いいたします☆

kotaをフォローする
資格と登録販売者
kotaをフォローする
上々生活 up-up-life

コメント

タイトルとURLをコピーしました